読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画『ひらめきはつめちゃん(作:大沖 )』 感想

ひらめきはつめちゃん(1) (BLADE COMICS)

ひらめきはつめちゃん(1) (BLADE COMICS)

内容+感想

f:id:misos:20161111025247p:plain

ひらめきはつめちゃん 1(作:大沖 )』より引用

シュールギャグに慣れているとイマイチぱっとしない本。

はつめちゃん(上の画像の右の女の子)とはつめちゃんの発明した箱(真ん中のヤバげな奴)がメインで進むシュールギャグ?の漫画。 基本的なストーリーの展開ははつめちゃんが謎の発明、ないしはめっちゃどうでもいい発明をしてはつめちゃんのお父さんがそれにツッコミを入れるという形。 はつめちゃんの友達(上の画像の左の女の子)とかも基本ボケでこの漫画では男の子が基本ツッコミなのかな。

基本的に4こま、たまに1〜2ページの短編。 大沖さんの作品はわくわくろっこモーション、はるみねーしょん等を読んだ後でこの作品を読んだけど少しつまらなく感じた。多分展開がワンパターンだなあと感じてしまったため。

シュールなギャグ漫画のテンプレート!みたいな作品に思うので一巻を読んでハマった人は最終巻までずっと楽しめる内容だと思う、けど大人買いは危険(自分は3巻で結局読むのやめた)。

f:id:misos:20161111025257p:plain

ひらめきはつめちゃん 1(作:大沖 )』より引用

絵柄は好きです。