読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画『ななしのアステリズム(作:小林 キナ)』 感想+海外コメ

内容+感想など

たまたま海外サイトで見つけた一作。 人気度に対して順位が高い作品はいいものが多い印象で、ななしのアステリズムは「順位 2589位, 人気度 9255位, score 7.7/10.0」と高め。

参考:聲の形は 順位 32位, 人気度23位, score 8.7/10.0

上記サイトからの感想を一部抜粋すると

To clarify, before I start, I usually hate love-triangles. I feel like in many mangas they are a cheap plot device to create drama - you have the love triangle where you have the two main characters who are the obvious couple, and then that ex who won't leave/that unrequited love/the clingy other love interest who guilt trips one character to be with them. Not in Nanashi no Asterism, though!

要約すると、自分はいわゆるテンプレ三角関係ものが大っ嫌いだった、けどななしのアステリズムは違ったよ、と。

百合漫画のジャンルに入るそうですが、そのうち結構男性キャラも登場してくるので単純な三角関係百合展開を期待している人には向いてなさそう。海外の方も指摘しているけどそういう単純じゃない心理描写を扱った作品としてとても良かった。男性陣(男性陣ってなんだよ...)もごちゃごちゃしてる。ただ正直一般的な百合漫画読んだことないのでこれが普通なのかはわからない。

f:id:misos:20170112000156p:plain
第20話 ヘンシン より引用

心理描写も細かいですが、この思いを相手はわかっているのか、思いを誰が知っているのかといった他キャラへの意識も加わってリアルさがあるのも魅力。このまま過度にごちゃごちゃした展開とかなく進んで欲しい作品。

全くの余談:上記海外サイトの作品の Background info が寂しいので海外での知名度も上がって欲しいところ。海外での出版決定とかするとBackground info に一言かけるんですけどね。ちなみに『やがてきみになる』の場合は今年英語版出たよっ!って書かれてます。レビューとか書きたいけと英語下手だから未だに書くのためらってる。

作者情報

最新話

ここ。

pixivなど

twitterで活動している以外は作品公開してません、たぶん。