めも

メモ.

jsonrpcを使ってリモートにある関数をローカルに定義した関数と同様に呼び出す

使うもの

JSON-RPC 2.0 Specificationを使用 サンプルコードを引用すると

サーバに送るデータ> {"jsonrpc": "2.0", "method": "subtract", "params": [42, 23], "id": 1}
クライアントに返すデータ> {"jsonrpc": "2.0", "result": 19, "id": 1}

ということでjson形式で関数名とパラメータを渡すとサーバー(リモート)で計算して帰って来る。

サーバー側

python-json-rpc – JSON-RPC

だったりdjangoのviews.pyに定義した関数を使用できる

github.com

など。

djangoのプロジェクトのディレクトリ以下の views.pyにて

@jsonrpc_method('myapp.methodname')
def methodname(name):
    return name

とすれば myapp.methodname でよびだせるようになるらしい。 それでdjangoのサーバーからさらに他の関数を呼び出すためにはviews.pyで他のサーバの関数を呼び出せばいい、のかな。

これで クライアント側 <-> サーバー側 <-> 別サーバー(awsgoogleクラウドなど)をつなげてクライアントから別サーバへ処理を支持できるようになったはず。

プライバシーポリシー

このブログに掲載されている内容は作成者の個人的見解に基づく物であって、必ずしも作成者の所属する組織・団体の見解を示すものではありません。また、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねますのでご了承ください。また、本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。また、本サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。 クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。本サイトの管理者への問い合わせ、当ブログのプライバシーポリシーの詳細についてはこちらをご覧ください。