めも

メモ.

.gitconfigの設定について

.gitconfigの設定について確認。

ドキュメント

読み込み順

system > global > local の順番で読み込まれる。 globalの設定は ~/.gitconfigに記述される(gitconfigファイル記述例)。

設定

ユーザー名、メールアドレス

git config --global user.name "My Name"
git config --global user.email myname@example.com

ファイル名の大文字・小文字の変更を検出するように設定

git config --global core.ignorecase false

git statusなどの際に日本語ファイル名を表示

git config --global core.quotepath false

コミット時のエディタを変更

vim

git config --global core.editor 'vim -c "set fenc=utf-8"'

atom

git config --global core.editor "atom --wait"

sublime text

git config --global core.editor "mate -w"

gitコマンドの出力の色変更

参照;

git config --global color.diff auto
git config --global color.branch auto

など。

改行コードを自動で変換する・しないの指定

trueの場合はチェックアウトの際に改行コードをLFからCRLFに変換します。

git config --global core.autocrlf true
git config --global core.autocrlf false

gitの認証情報をキャッシュする

git config --global credential.helper 'cache --timeout=1000'

xcrun: errorが出る場合

エラー内容

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

この場合、xcode-select --installをコマンドラインから入力して xcode-select をインストールすれば解決。