めも

メモ.

duet displayでipadをMacのサブディスプレイとして利用してみた感想

やりたいこと

PCで作業中は、大抵iPadが完全に放置されています。

いつも本立て(下の本立てです)に立てかけているんですが、ちょうどディスプレイの真下においているので、Macのディスプレイの拡張として使用できないか検討しました。

actto BST-02 ブックスタンド

actto BST-02 ブックスタンド

  • メディア: エレクトロニクス

duet display

Duet Display

PCと有線で繋ぐことでサブディスプレイとして利用できます。¥1,220+無線での使用は月額制のサブスクリプション(2020/4現在での価格)となっています。詳しい使用法・価格詳細は上記ホームページで確認してください。

インストールまで

  1. pad側でduet displayを購入+インストール
  2. Macにてduet displayホームページよりアプリをダウンロードしてインストール
  3. ipad側にてduet-displayを起動
  4. 有線(type-c)にてipadを繋げる

以下も参考になると思います。

使用感

検索で過去のバージョンにて「マウスの遅延がひどい」等のレビューがありましたが、現状使ってみて遅延はそこまで感じませんでした。

duetで拡張したipadのディスプレイ上で操作スペースを増やす と、操作スペースの切り替え時に少しカクつくようです。pcwatch様のサイトにて

ちなみにこの「Duet Display」の特徴は「遅延ゼロ」を掲げるスムーズな動きにある。さすがに動画再生ともなるとコマ落ちが皆無ではないが、

とありましたが、これに近い挙動だと思います。

参考:Macで複数の操作スペースを操作する - Apple サポート

もともとipadがそこまで大きな画面ではないため、あくまでyoutube・slackなどのチャット・開発時にログの垂れ流しなどできれば十分だと思っていたので、これらの目的には使えるかなと思います。ただduet display(を含むタブレットをサブディスプレイとして利用するツール)を使用すれば環境が劇的によくなるとは感じませんでした。

ipadがどこにでも置ける点を生かして、購入する前に「この場所にこの画面があったらな〜」と想像してみて、便利そうだったら検討してみるくらいが丁度いいかなと思います。

ちなみにMacのシステム環境設定画面でのduet displayの表示は以下(一番左のディスプレイ=iPadです)。ちゃんと位置も変えることができます。

f:id:misos:20200423182840p:plain

プライバシーポリシー

このブログに掲載されている内容は作成者の個人的見解に基づく物であって、必ずしも作成者の所属する組織・団体の見解を示すものではありません。また、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねますのでご了承ください。また、本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。また、本サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。 クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。本サイトの管理者への問い合わせ、当ブログのプライバシーポリシーの詳細についてはこちらをご覧ください。