めも

メモ.

プロジェクトマネージャ試験の午前Ⅱの勉強(2)

この記事は何

f:id:misos:20210506015908p:plain

午前・午後Ⅰの全ての試験において100点満点中60点以上、午後Ⅱの論述試験の評価ランクがAであれば合格になります。プロジェクトマネージャ試験の午後Ⅰ・午後Ⅱの記述式で問われる課題を調べて、それに必要な知識+調べたことをメモする記事。あくまで自分の解釈であり、正確さは担保していません。

前回:プロジェクトマネージャ試験の午前Ⅱの勉強(1) - めも

過去問・解答例・講評

毎年IPAが公開しているので、それを参考にする。 以下のページから各年度の過去問・解答例・講評を確認できる。

www.jitec.ipa.go.jp

過去問を解きながら調べたこと

ここの過去問を見て、調べたことをメモ。午前Ⅱは4択×25問、目安として16問以上は確実に解答できるようにしたい。

プロジェクトマネジメント

PMBOK

少し古いですが、以下の方がPMBOKに関する資料をまとめています。 公式のPMBOKのpdfの入手は費用がかかるので以下で代用。

Enpel’s Presentations on SlideShare

セキュリティ

法規

開発

ソフトウェア開発方法論

安全工学

  • 安全工学 - Wikipedia
  • フォルトツリー解析 - Wikipedia
  • フェイルセーフ:故障は安全な側に
  • フェイルソフト:障害発生時、システムを完全停止させずに一部機能を維持した状態で処理を続行
  • フェイルオーバー:異常事態が発生したらあらかじめ準備されていた冗長サーバ/システムに切り換える
  • フールプルーフ
  • フォールトトレランス:構成部品の一部が故障しても正常に処理を続行できるシステムの総称
    • システムを二重化することによるフォールトトレラント性はいくつかパターンがある
    • レプリケーション:常に複数並列で実行し、障害発生時に切り替える
    • 多様性:同じ仕様の異なる実装のシステムを複数用意し、同じ障害が複数箇所で同時に発生することが無いようにする
    • 冗長化:ホットスタンバイ・コールドスタンバイ

その他

プライバシーポリシー

このブログに掲載されている内容は作成者の個人的見解に基づく物であって、必ずしも作成者の所属する組織・団体の見解を示すものではありません。また、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねますのでご了承ください。また、本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。また、本サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。 クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。本サイトの管理者への問い合わせ、当ブログのプライバシーポリシーの詳細についてはこちらをご覧ください。