めも

メモ.

簿記を受けるかどうか

簿記の資格が仕事に必要な場面は全くないけど、 プライベートで簿記関係の知識が必要になる場面がたまにあります。

一言に『簿記』といっても、日商簿記・全商簿記・全経簿記という3種類があるらしく、一般には簿記資格といえば日商簿記を指しているらしい。

サンプル問題も以下に掲載されていた。

簿記 サンプル問題 | 商工会議所の検定試験

検索したら、簿記二級の場合は勉強時間の目安は250~300時間らしい。応用情報技術者試験(AP)の勉強時間が200時間前後と言われている感覚に照らし合わせると、まあまあ日頃のスキマ時間でできそうな範囲ではあるかも? 仕事する上では現状200%必要ない知識なのでとりあえず初心者向けの本をめくりながら受けてみるか考えようと思います。

プライバシーポリシー

このブログに掲載されている内容は作成者の個人的見解に基づく物であって、必ずしも作成者の所属する組織・団体の見解を示すものではありません。また、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねますのでご了承ください。また、本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。また、本サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。 クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。本サイトの管理者への問い合わせ、当ブログのプライバシーポリシーの詳細についてはこちらをご覧ください。