めも

メモ.

youtubeのチャンネル登録数を増やしたいので改善点を考える

この記事は何

以下のチャンネルについて、チャンネル登録数を増やしたいので改善点を考えてみます。

サブアカウントのyoutubeが伸びてきたので、ただなんとなく動画を投稿する以上に改善点がないか探してみようとなんとなく調べてみたこと。動画やウェブサイトの内容を改善できないかという視点で。

音質や動画の構成なども改善余地ありですが、いったんコメントとかくれるユーザーをいかに大切にできるかという視点で考えてみたいです。

現在の状況

youtubeチャンネル登録数の推移

1年やってみた結果、ほぼ線形に増加傾向にある。これ自体はうれしいことかもしれないが、そこまで特別なことではない。ほとんどのユーザは一度チャンネルを登録したら登録解除することがないため(几帳面に整理する人 or アカウント削除/banされた人は登録解除される)。

現状は自分の思ったことや勉強したことをまとめとして発信するだけのページになっている。これはこれで目的を達成できているが、それ以上に見ている人が満足できる内容にするためには何をしたらいいだろうか。また、日本よりも外のユーザー、youtube以外のプラットフォームのユーザーにはどのように知ってもらえるかを考えるようになった。

ウェブサイト(k-dm.work)の表示回数

検索ヒットも(想定をしていなかったが)なぜかゆるやかな増加傾向にある。もちろん検索ワードを見れば人の興味がわかるのだが...。「人が検索している要素」と「自分が興味をもって取り組める領域」がそこまでマッチしておらず、検索を上げるために「人が検索している要素」に特化してページを作るモチベと時間が多くないというのが現在の課題だと認識している。でも、さらに上を行くためには自分がやりたいことだけをやるというのは不十分だろう。

ユーザーを大切にしたい一方で、モチベはやはり重要。なぜならば、ほぼ金銭的なリターンがない以上、自分がやりたいこと・続けることで新しい人と交流できるというモチベ以上のものはなかなか見つからないから。

KPT

Keep

  • コードと動画をセットで出している
  • 動画が過剰に長くしていない
  • 他のチャンネルでは扱わないトピックを選択する
  • 自分の勉強になるトピックを選ぶ
  • twitterのフォロワー・チャンネル登録者が伸びている
  • upvote(👍)の割合は98%以上を推移している
  • 動画投稿直後だけ視聴されるのではなく、検索での流入も一定数ある

Problem

  • 活舌わるい
  • マイクの関係で音質低い
  • 動画にアニメーションや効果音がない
  • 内容が伝わりにくい動画がある
  • シリーズとして一貫していない
  • 定期更新ができていない
  • 日本語ユーザーにしかリーチしていない
  • youtube以外にリーチしない
  • 最新のトピックに触れていないことがおおい
  • アルゴリズム詳細の説明は動画解説と理解に時間がかかり頻度が少ない

Try

  • 英語での配信場所を作る
  • 論文やアルゴリズムの説明をする
  • マイクの収録環境を変える

参考にすべきチャンネル

個人で運営しているチャンネルで、目標として設定できるものをピックアップ。ヨビノリは範囲が広すぎる(すごい)。

https://www.youtube.com/channel/UCqmWJJolqAgjIdLqK3zD1QQ

https://www.youtube.com/channel/UC2lJYodMaAfFeFQrGUwhlaQ

Able Programming - YouTube

人工知能と機械学習 - YouTube

なんとなく読んだ資料

カスタマーサクセスという観点で、何冊かこのトピックの本を読んだ方がいいと思ったのでそのうち感想書きたいと思います。継続率とLTVを伸ばしつつ新規顧客獲得につながるようにできるか、満足度の高い顧客によって新規顧客を呼び寄せられるか。

プライバシーポリシー

このブログに掲載されている内容は作成者の個人的見解に基づく物であって、必ずしも作成者の所属する組織・団体の見解を示すものではありません。また、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねますのでご了承ください。また、本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。また、本サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。 クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。本サイトの管理者への問い合わせ、当ブログのプライバシーポリシーの詳細についてはこちらをご覧ください。