読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apache ErrorLog のメモ

Apacheのログに記述される内容を確認する

Apacheでサイトを見ても500 Internal server error とかに何度もなるときはApacheのエラーログとかをみて設定がおかしくなってないか確認するのが初めらしい。

LogLevel notice

という記述がhttpd.confの240行めあたりにあって、 LogLevel ### の ### に記述される値がApacheがどんなログを残すかを決定する。以下emerg,alert,crit,error,warn,notice,info,debugのうちどれかを###に記述する。

emerg 極めて深刻なエラー
error 普通のエラー
notice エラーでないメッセージ、起動、終了などがこれ
debug デバック用の詳しい情報

emerg,alert,crit,error,warn,notice,info,debugはemergがもっとも深刻でdebugがすべての情報を含む。
例えば、noticeとすれば

emerg,alert,crit,error,warn,notice,

の情報がログとして残り、alertとすれば

emerg,alert,

の情報がログとして報告される。

httpd.confのファイルはどこに

Mac OS X の場合は

/etc/apache2/httpd.conf

にあったはず。locate httpd.conf とすればそれっぽいのが見つかる?らしいです。

ログファイルはどこに

httpd.confでCustomLog,もしくはErrorLogという文字列を検索すれば

CustomLog logs/access.log common
ErrorLog "logs/error.log"

というような文字列が出てくる。さらにServerRootという文字列を検索すると

ServerRoot "???/Apache/Apache2.2"

といった感じのがでてくる、ログファイルの出力は???/Apache/Apache2.2/logs/access.log,???/Apache/Apache2.2/logs/error.logに記述されているとわかる。

参考文献、出典

http://qiita.com/is0me/items/72fcb5d8ac2c8f1c6247

  • @IT /ここに詳しい記述があると後ほど知りました

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0202/16/news001.html