めも

これはメモ。

Google Testのテストで指定したテストのみ実行

やりたいこと

Googleテストで単体テストを行うときに、デバッグの為に特定のテストだけを実行したい.

解決策

環境変数から指定する場合,

export GTEST_FILTER = "SpecifiTestName"

コマンドラインから指定する場合、

--gtest_filter =SpecifiTestName

と記述する。Visual Studioの場合は、デバッグの設定から環境変数にGTEST_FILTER = "SpecifiTestName"などと記述すればいい。’*’(任意の文字列にマッチ)と ‘?’(任意の1文字にマッチ)などが使用できて TestCase*としたなら「TestCaseで始まるテスト全て」がマッチする.

.csproj, .vsproj.filter ファイルのマージ時のコンフリクト解消

問題

.vsproj.filterなどのファイルをマージする際にコンフリクトが発生してマージできない。 ソリューションエクスプローラで表示されるファイル構造の保存にこのファイルが使用されている。

リモートのブランチで別のファイルを追加していてローカルでも別のファイルを追加していたとしてそれをマージする場合に同じ行にリモートとローカルのファイルを追記しようとしてコンフリクトを起こす時がある。

解決

.gitattributesファイルに以下の指定を追記することで、.vsproj.filterファイルのみマージの時にコンフリクトしたら両方を採用する様に指定できる。コンフリクト時の行の順番は保証されないので注意。

*.vsproj.filter merge=union

行の順番は保証しなくても大丈夫なファイルのみ使える指定なので、使用する場合は注意が必要。 他のオプションについてはドキュメント参照。

.gitconfigの設定について

.gitconfigの設定について確認。

ドキュメント

読み込み順

system > global > local の順番で読み込まれる。 globalの設定は ~/.gitconfigに記述される(gitconfigファイル記述例)。

設定

ユーザー名、メールアドレス

git config --global user.name "My Name"
git config --global user.email myname@example.com

ファイル名の大文字・小文字の変更を検出するように設定

git config --global core.ignorecase false

git statusなどの際に日本語ファイル名を表示

git config --global core.quotepath false

コミット時のエディタを変更

vim

git config --global core.editor 'vim -c "set fenc=utf-8"'

atom

git config --global core.editor "atom --wait"

sublime text

git config --global core.editor "mate -w"

gitコマンドの出力の色変更

参照;

git config --global color.diff auto
git config --global color.branch auto

など。

改行コードを自動で変換する・しないの指定

trueの場合はチェックアウトの際に改行コードをLFからCRLFに変換します。

git config --global core.autocrlf true
git config --global core.autocrlf false

gitの認証情報をキャッシュする

git config --global credential.helper 'cache --timeout=1000'

xcrun: errorが出る場合

エラー内容

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun

この場合、xcode-select --installをコマンドラインから入力して xcode-select をインストールすれば解決。

機械学習関係の論文を調べる時にみるページ

自分用。

まとめ・検索

Browse state-of-the-art

各論文とその論文の実装へのリンクがまとまっている。

また、データセットごとに特定の評価指標ごとのリーダーボードがあり、どの論文がどのデータセットで一番性能を出しているかを一目で確認できる。ただし、各論文の細かい実験設定は自分で確認しないといけない。

f:id:misos:20190202174709p:plain
CIFAR-10の分類におけるリーダーボード

arxiv sanity

twitterでバズっている論文のランキングを見ることができる。

awesome-deep-learning-papers

2016年までの機械学習関係の主要な論文と外部のサイトへのリンクをまとめています。

Search ICLR 2019

ICLRなど openreview を用いた査読を行う会議の場合、 Webページをクローリングしてこのような検索サイトが作られることが多い? 2018年のものは Search ICLR 2018: Top 100 papers

朱鷺の杜Wiki

解説・輪読

cvpr-challenge

CVPRを中心にCV系の論文をまとめスライドにまとめている。

nlpaper-challenge

Deep Learning JP

slideshareに各論文の解説資料を投稿している。元は https://deeplearning.jp/のサイト。

arXivTimes

各自がピックアップした論文を一言でまとめる。

ブログ

IBM Research Blog

Stanford NLP Group

The Berkeley Artificial Intelligence Research Blog

I’m a bandit - Random topics in optimization, probability, and statistics. By Sébastien Bubeck

Airbnb Engineering & Data Science(Medium)

facebook research

MIT OCWの講義動画のめも

毎朝の電車の中の20分が暇すぎるので動画見たいものをメモ。(2011)は「2011年の講義」の意味です。MIT OpenCourseWareのサイトから動画がダウンロードできるもののみ.

18.06SC Linear Algebra (2011)

全講義90分x34回と長めです、大学1〜2年の線形代数の内容。

16.412J Cognitive Robotics (2016)

18.657 Mathematics of Machine Learning (2016)

講義動画なし。

D4M: Signal Processing on Databases

1.264J Database, Internet, and Systems Integration Technologies (2013)

MAS.630 Affective Computing (2015)

1.010 Uncertainty in Engineering (2008)

MAS.622J Pattern Recognition and Analysis (2006)

18.409 Algorithmic Aspects of Machine Learning (2015)

ocw.mit.edu