めも

メモ.

困ったら、自分で一度は調べる

人に聞くことも、自分で調べることもどちらも大切だと思う。

聞いてばかりだと、自分で欲しい物を知ることはできなくなってしまうだろうし、調べてばかりだと時間ばかり過ぎてしまうから。

たまに、人の話が難し過ぎたり、逆に簡単過ぎる時がある。こういうときは「自分がどの程度の知識レベルであり、自分が何を知りたいのか」という前提が相手に伝わっていない時な気がする。そんなことを説明の前にいちいち伝えるのは野暮だと感じる人もいるかもしれないけど、この点を明確にすることで円滑に進む場面もあるはずだと思う。

そしてもう一つ、少なくとも自分にとっては、「一度は自分で調べる」という意見は「聞く前に調べるべきだ」という意見と必ずしも一致してない。この理由の一つは、人によって知っている知識が異なるから聞く基準も異なるだろうということ。もう一つの理由は、簡単な質問であったとしても答えている・教えている時に自分の知識の不明瞭な点が詳になるから聞きたいことがあったらすぐに聞いて欲しい、という考えがあるから。

一方で、もし自分が本当に初歩的な質問をしていたんだとしたら「それは初歩で知っておくべき知識の一つですよ」と教えて欲しいとも感じる。たぶんこれは「そのことを書いてある本や参考書を知っていますか?」みたいに質問の仕方を考えれば解決できるだろうから進んで実行したい。

なんとなく思っていたけどまとまっていなかった考えを書き出してみた記事です。

プライバシーポリシー

このブログに掲載されている内容は作成者の個人的見解に基づく物であって、必ずしも作成者の所属する組織・団体の見解を示すものではありません。また、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねますのでご了承ください。また、本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。また、本サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。 クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。本サイトの管理者への問い合わせ、当ブログのプライバシーポリシーの詳細についてはこちらをご覧ください。