めも

メモ.

クリップスタジオの基本的な使い方を覚えたい

以前、クリスタのフィルタをC++で書こうと息巻いていた時があった(???)のですが... やはりツールをある程度自分でも使いこなせないと誰かの役に立つものは作れない気がしました。なので一度一通り操作方法、特になぜその操作が必要とされているかを覚えたいです。

プラグイン作成準備

プラグインを開発できるのはPCで使用できるEXのみです。

公式使い方講座

また、わからないワードは基本的にはマニュアルから調べる。ただし例えば「入り抜き」などショートカットや設定画面を表示する以上の説明がない部分もあるので、その場合は公式以外のページも調べてみる。

基本操作

  • 拡大縮小:ナビゲーターの+ーかその隣のバーから、もしくはタブメイトで設定。
  • 画面移動:スクロール、スペース+ドラッグは手のひらツールになる
  • 保存:Ctrl+S、.clipファイルに保存される。
  • キャンバスサイズを変更すると容量が削減されるらしい、おそらく拡大縮小の画像表示に対応するためのキャッシュなどを保持している。
  • git等での差分管理は難しそうだった。

下書き〜線画

  • 線幅修正・ベクター線修正
    • ラスターレイヤー
      • [フィルター]→[線画修正]→[線幅修正]
      • 強弱をつける、輪郭のカーブは内側の線よりも太くするなど
      • 他の色の領域と馴染ませたい部分は太くしない
    • ベクターレイヤー
      • [ツール]→[線修正]→[線幅修正]

下塗り〜本塗り

  • 透明ピクセルロック
    • 色トレス・色をぼかしたいがはみ出したくない時とかに使用、透明箇所は編集がされなくなる

その他

  • dpi : dpi - Wikipedia
    • 解像度 = 1 インチ (25.4 mm) 四方当たりに印刷できるドット数

参考文献

プロが教える!CLIP STUDIO PAINT PROの教科書

プロが教える!CLIP STUDIO PAINT PROの教科書

  • 作者:isuZu
  • 発売日: 2018/05/23
  • メディア: Kindle版