めも

メモ.

VSCodeのショートカットの英語の頭文字の意味

この記事は何

[Ctrl+p]のような何気なく使っているショートカットについて、忘れたり混同しないようにするためにpが何の頭文字なのかとかを調べるだけ・自分なりの意味づけを行うためのメモです。

新しく設定を追加次第追記すると思います。

公式のドキュメント

VSCode上ではCtrl+K+S(Keyboard shortcut)で設定の確認や変更を行う。

よく使うコマンド

  • command+
    • A: select All
    • C: Copy(複数行選択との同時利用も可能)
    • D: 複数文字選択+編集・ブラケットで文字を囲う(使用頻度が高いから左下の方にある?)
    • V: paste(おそらく、Cの隣だから)
    • F: Find
    • Z/Y: undo/redo(Zはzzzから?、YはZの手前でZの操作のやり直し)
    • P: Go to file(Preview file)
    • shift+P: focus on command Palette
    • shift+E: focus on Explorer
  • ctrl+
    • F: move Cuesor Forward a character
    • B: move Cuesor Backward a character
    • E/A: move Cuesor End/Ahead of the line
    • N/P: move Cuesor Next/Previous line
    • G: move Cuesor, Go to 指定した行
    • L: select Line
    • Q: Qucik open view(左端のサイドバーをクリックせずに開く)
    • K Ctrl+Q: 最後に編集した位置に移動
  • option+
    • : 左右の単語に移動(複数行選択との同時利用も可能)
    • ↕︎: 上下の行を交換

自分の設定

  • Ctrl+T Ctrl+M: open Terminal
  • cmd+shift+I: focus on Open Editor(自分はcmd+shiftをfocus on的な意味にしていて、iしか空きがなかったため)
  • cmd+N cmd+F: New File(デフォルトは cmd+n で新規ファイル作成)
  • cmd+N cmd+D: New folder
  • cmd+R cmd+L: Run Linting(pythonなどのリンターを実行する)

特に、リンターなどの実行ショートカットは editorLangIdresourceExtnameなどの条件を合わせて指定する。

editorLangId True when the editor's associated language Id matches. Example: "editorLangId == typescript".

resourceExtname True when the Explorer or editor filename extension matches. Example: "resourceExtname == .js" 引用元:Visual Studio Code Key Bindings

参考文献

プライバシーポリシー

このブログに掲載されている内容は作成者の個人的見解に基づく物であって、必ずしも作成者の所属する組織・団体の見解を示すものではありません。また、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、責任を負いかねますのでご了承ください。また、本サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。また、本サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net)を利用しており、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、クッキー(Cookie)を使用しております。 クッキーを使用することで当サイトはお客様のコンピュータを識別できるようになりますが、お客様個人を特定できるものではありません。本サイトの管理者への問い合わせ、当ブログのプライバシーポリシーの詳細についてはこちらをご覧ください。