めも

メモ.

ubuntu18.04でPythonのコードを書くためのVSCode環境の用意

メモ.

VSCodeのインストール

.debファイルを上記からダウンロード.

UbuntuのGUI経由ならば、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすれば「ソフトウェア」経由でインストールされるはず. 他のインストール方法は以下を参照.

Running Visual Studio Code on Linux

※MacでcodeコマンドからVSCodeを起動する手順

  • VScodeをダウンロードし、Applicationフォルダへ移動、起動する
  • Command + Shift + Pでコマンドパレットを開く
  • shellと入力しEnterをおす

基本的なショートカット

  • Ctrl+Kを押してからCtrl+S: キーボードショートカットの一覧を確認する
  • Ctrl+Shift+N: 新規ウィンドウ
  • Ctrl+Shift+P, or F1: コマンドパレット
  • Ctrl+P: クイックオープン

その他のショートカット集は以下を要参照. チートシートも公開されている(pdf)がvscode上でCtrl+Kを押してからCtrl+Sで確認すれば大丈夫.

Anacondaへのパスを通す

Ctrl + ,で設定画面を開き、pythonかcondaで検索をするとパス指定をするテキストボックスが出てくる.

別にコマンドラインを開き、conda info -eとすれば環境ごとのパスが出てくる. この中から使用したい環境をパスに指定する.

$ conda info -e
envname  /home/XXXX/anaconda3/envs/envname

インストールするエクステンション

python

Python

公式のPython拡張をインストールする. Ctrl+P を押して、出てきたテキストボックスに ext install ms-python.python をコピーしてEnter. デバッグに必要な機能も同時にインストールされる(デバッグ画面は Ctrl+Shift+Dで開く).

Python Extended

Python Extended

Pythonコード記述時の補完機能の拡張.

Linter

https://code.visualstudio.com/docs/python/linting

Ctrl+Shift+Pでコマンドパレットを開き、Python: Select Linterとすればインストールされる. Python: Enable Lintingを実行すれば on/off を切り替えられる.

autoDocstring

autoDocstring

VSCode上でクラスや関数の説明(docstring)を記述する際に便利な拡張.

Trailing Spaces

Trailing Spaces

行末に余分なスペースがあるかをハイライトでチェックする

Pythonに関係しないがインストールしたもの

Code runner

Code runner

範囲指定した箇所のコードを実行する.

Markdown All in One

Markdown All in One

Markdown でのドキュメントやメモをよく編集するのでインストール. 主に使う機能は以下.

  • Ctrl + B: 選択範囲、その行を太字に
  • Ctrl + M: texの数式表記をする
  • Ctrl + Shift + V: 別のタブにマークダウンのプレビューを出す
  • Ctrl + K→V:編集しているタブのすぐ隣にマークダウンのプレビューを出す

TODO Highlight

TODO Highlight

TODOをハイライト表示してくれる.

Settings Sync

Settings Sync

VSCode設定の同期.

Spell Right

Spell Right

軽量の英語スペルチェック.

Bookmarks

Bookmarks

コード内にブックマークをつけることができる.

Ctrl+Shift+Pでコマンドパレットを開き, Bookmarks: Toggleとすればその行にブックマークをつけることができる. Bookmarks: Jump to Nextなどでブックマークを移動できる. 説明欄の Available commands 参照.

参照