めも

メモ.

「レガシーコードからの脱却」を読む

勉強のため、以下の本を読みました。

概要

オライリーでは以下のような紹介がされている。

本書では、ソフトウェア開発において、初めからレガシーコードを作りださないためのプラクティスを9つ挙げて解説します。プロダクトオーナーは目的を語り、やり方は開発者に任せること、小さなバッチで開発を進めること、継続的に統合すること、チームメンバーで協力することなど、日々の開発に取り入れる考え方と具体的な実践について各章で分かりやすく解説します。 信頼性や拡張性が高いソフトウェアをリリースしたい開発者、運用管理者、マネージャに必携の一冊です。 (引用元:O'Reilly Japan - レガシーコードからの脱却)

ここでのレガシーコードとは”扱うのが難しくコストがかかるソフトウェア(p19参照)"を指しています。レガシーコードを生み出す環境に焦点を当てつつ、それらの問題を回避するための9つのプラクティスを紹介していく本です。

ある程度前提知識がある人は。全ての章の末尾にある「本章のふりかえり」があるのでそれを見てどんな内容かを確認してから飛ばし飛ばし読むこともできます。


以下、各章を読んだ際に調べた内容のメモや関連しそうなリンクです. それぞれの章の内容・プラクティスを詳しく知りたい方は本を手にとってみてください.

関連スライド・資料

検索時に見つけた本書や関連・興味を持ったスライドのメモです.