めも

メモ.

貯金について

以下のページを見つつ、少し考えたこと。

正直まだ20代で働き始めて少ししか経っていないので、将来のためにどれくらいお金を残すかとか、親の介護が必要になったとしてどれくらい出費が出るのか、とかはあまり真剣に考えたことはない。

ただ学生の頃に、親が働くことができない時期ができていろいろ苦労したことを思い出す。その時は先生とか周りの人のおかげで無事に卒業できた。

なのでまだ少し早いかもしれないけれど、もしもの時のためにどれくらい準備が必要かの目処をつけておき、どんな時もお金がなくなることはないようにしたい。

結局、以下が自分の理解。

  • ふるさと納税=地方の自治体に寄附した時、(寄付をした合計金額 - 自己負担分2000円) が所得税や住民税から控除されて返礼品がもらえる。なので節税ではないが欲しい返礼品がある場合は得になる。
  • 自分の持ってるお金は「生きるのに必要+安全資産(減って欲しくない部分 、万が一の時に必要になる部分)+リスク資産(ワンチャン増えたり減ったりする部分)」に分けてその比率を整理する。それぞれについて1年に一回どのように使うか考える。
  • 資産運用するなら
    • 内容を理解した上でつみたてNISAを設定する
    • 必ず増えるお金の運用はないので、信託報酬・手数料の低いものを使うことで確実な出費は減らす
    • 資産運用は自己責任
  • お金の管理自体に時間をかけず一年に一時間程度にして、健康・趣味・勉強に時間を使う

ちなみに、口座の開設など準備するには

  • マイナンバーカード(もしくはマイナンバー記載の住民票)
  • 運転免許証・住基カード・パスポートなど顔写真付きの証明書

が必ず必要になる。

調べたリンク・本