ゆるふわめも

東京か京都にいます。

メモ

MK8DXの各コース名日本語⇄英語名一覧

ni[:contents] 自分用のメモです。マリオカート8DXのコースの日本語、英語、略称順。 日本語名あいうえお順 日本語名 英語名 略称 23 3DS-DKジャングル 3DS-DK-Jungle DKJ 29 3DSパックンスライダー 3DS-Piranha-Plant-Slide PPS 26 3DSミュージックパーク 3…

SqueezeDetのメモ

本論文:SqueezeDet: Unified, Small, Low Power Fully Convolutional Neural Networks for Real-Time Object Detection for Autonomous Driving tensorflow: MXNet: 簡単な説明:

javascriptでの画像処理のライブラリのメモ(画像からの文字認識・物体認識・画像間の類似度など)

文字認識 物体認識 画像の類似度 スクリーンショット 加工(輝度変化など) その他 ただのメモ。 いつもpythonでしているけど、てjavascript内で完結させたい。 html2canvasで特定のdiv要素をcanvasに移して、画像処理を行う予定。 文字認識 物体認識 画像の類…

種々の決定木・ランダムフォレストの拡張についての資料集

決定木(Decision Tree) ノード分割のルール Cost-sensitive decision tree ランダムフォレスト(Random Forest) Extremely Randomized Trees Alternating decision tree Decision Jungles Mondrian Forests Boosted Random Forest Canonical Correlation Fore…

機械学習におけるマルチラベルの各手法についてのメモ

ベースライン k Nearest Neighbours multi-label classifier Label Powerset Label Powerset Kernel collaborative label power set BinaryRelevance Binary Relevance Binary Relevance with K-NN Stacked binary relevance Random k-Labelsets Distinct Ra…

Google Clowd Engineでjupyter notebookを利用する

インスタンスに入る static IPを追加 firewall ruleを確認 jupyterにアクセス インスタンスに入る gcloud compute ssh <インスタンス名> static IPを追加 GCPのメニュー「Networking」以下の「External IP addresses」から追加 firewall ruleを確認 アクセス…

メモ:Quantile Regressionの資料

細かいことをかく気力はありません…。 二つ目のは、なんとnotebookとコードもあります。ありがたい。 A Short Course on Quantile Regression: http://wise.xmu.edu.cn/UploadFiles/SS2011/Uploadfiles/2013714144421348.pdf Convex Optimization Short Cou…

matplotlibでの凡例(ラベル)の表示場所・形式を変更する

データを生成 legend(凡例)の表示方法の指定 通常 場所を指定(グラフ枠内) 凡例表示を複数列に分割する, 枠に影をつける, 横幅いっぱいにする グラフの枠外に表示する 凡例にタイトルをつける 凡例を分割して別々に表示する ラベル名を任意の文字列に付け替…

機械学習のベストプラクティスの資料のメモ(Best Practices for ML Engineering)

Rules of Machine Learning: Best Practices for ML Engineering Reliable Machine Learning in the Wild Google researchの Martin Zinkevich氏の資料です。 Reliable Machine Learning in the Wild(NIPS 2016)での招待講演のもの。 Rules of Machine Learn…

損失関数・評価指標のめも

scikit-learnのモデル評価に関するドキュメント 回帰(Regression)問題 Hinge loss 平均絶対誤差(Mean absolute error) Mean Squared Error ニクラス分類(Binary Classification)問題 F1 score MAP(Mean average precision) マルチラベル分類(Multi-Label Cla…

pythonで文字列を日付(datetime)に変換後、日付間の日数の差を求める

やりたいこと データ形式 変換コード よく特徴を新しく作る時に使うのでメモ。 やりたいこと csvファイルの二つのカラムに入った文字列形式の日時データ、その二つの日時データの日数の違いを一気に計算したい。 下のデータ形式だと end_date_time - start_d…

pandasのDataFrameの連結、内部結合、外部結合のサンプル

データフレーム結合の使用例 Grouobyとそれに対する操作(フィルタなど) データ選択の方法(ix, queryなど) リンクのみです。 Qiita等の例の内の多くはpandasのドキュメントに載っている気がします。いちいち検索せずにドキュメントを読む癖をつけたい。特によ…

Latexでチェックマーク(✔︎:への逆)を出力する

関係部分と表示サンプル 必要パッケージ 出力 コード全体 稀によく使う。 関係部分と表示サンプル 必要パッケージ \usepackage{bbding} \usepackage{pifont} \usepackage{wasysym} \usepackage{amssymb} 出力 \checkmark % amssymb \\ \Checkmark % bbding \…

Ian Goodfellow先生による講義動画+資料(Adversarial Examples)

上はMontreal Deep Learning Summer Schoolでの資料なので少し古い内容です。 NIPSの際の資料などはこちら-> Presentation から閲覧できます。

graphvizを使ってフローチャートや遷移図を作成する

できること インストール コマンドでのコンパイル web上でコンパイル 作成例 決定木の可視化 作成例は後ほど追記予定。 できること digraph g{ rankdir=LR; "a" -> "b" -> "c" -> "d" -> "e" -> "f" } をコンパイルすると ができます。 インストール brew in…

pythonで乱数を生成・特定の分布から乱数を生成する

ドキュメント 必要なライブラリをインポート 分布から乱数を生成 一様分布 np.random.rand random.random ガンマ分布 ガウス分布 ワイブル分布 混合ガウス分布 カーネル密度推定した分布のプロット アイテムを選択 アイテムごとの重みに基づいて選択 アイテ…

メモ:Value Iteration Networksのtheano, tensor-flow, chainerでの実装

概要 実装 theano tensor-flow chainer NIPS-16のBest Paper AwardであるTamar, Aviv, Sergey Levine, and Pieter Abbeel. "Value Iteration Networks." arXiv preprint arXiv:1602.02867 (2016).のtensor-flowでの実装が公開されました。 概要 エージェント…

ubuntuにanacondaをインストール、仮想環境の作成、削除

インストール 仮想環境の名前一覧を見る 環境を作る 仮想環境に入る 仮装環境から出る 仮想環境の削除 conda-forge 本家のドキュメント メモのみ。Ubuntu 14.04とMac OS Xで行っています。 本家からダウンロードしてインストールするだけです。 インストール…

jsonrpcを使ってリモートにある関数をローカルに定義した関数と同様に呼び出す

使うもの サーバー側 使うもの JSON-RPC 2.0 Specificationを使用 サンプルコードを引用すると サーバに送るデータ> {"jsonrpc": "2.0", "method": "subtract", "params": [42, 23], "id": 1} クライアントに返すデータ> {"jsonrpc": "2.0", "result": 19, "…

jupyter notebook上でコマンドを実行する

時たまに、jupyter notebook上でコマンドを実行したい時があります。 並列処理や、ファイルの変換などです。 解決法 %%bashをつければ実行できます。 %%bash /usr/local/bin/dot -Tpng tree.dot -o tree.png

Active Learningの資料・論文のめも

導入 Active Learning 入門 A tutorial on active learning 能動学習セミナー サーベイ Active Learning Literature Survey 論文 導入 Active Learning 入門 Active Learning 入門 from Shuyo Nakatani www.slideshare.net A tutorial on active learning pd…

python matplotlib 内で日本語を利用する(日本語のラベルや凡例・legendをつける)

matplotlibで使用できるフォントを探す 指定したフォントをmatplotlib全体で使用できるように指定する コード 表示例 matplotlib.rcを使ったフォントの変更 コード 表示例 matplotlibで使用できるフォントを探す 指定したフォントをmatplotlib全体で使用でき…

python matplotlib 内で日本語を利用する(使用できるフォントを探す)

利用できるフォントを探す コード 出力 matplotlibで使用 日本語でラベルや凡例を表示する 利用できるフォントを探す コード import matplotlib.font_manager as fm # フォント一覧 fonts = fm.findSystemFonts() # フォントのパスと名前を取得、とりあえず1…

Deep系の論文めも後半その2 (2016年夏頃までのもの対象)

教師なし CNN features off-the-shelf: an astounding baseline for recognition 画像 Learning and transferring mid-level image representions using convolutional neural networks Learning hierarchical features for scene labeling Semantic Segment…

Deep系の論文めも後半その1 (2016年夏頃までのもの対象)

生成モデル Deep Convolutional Generative Adversarial Networks Generative Adversarial Nets Unsupervised representation learning with deep convolutional generative adversarial networks Deep Generative Image Models using a Laplacian Pyramid …

pandas.DataFrameでcsvファイルを内部結合

やりたいこと コード 他の例 よく使うのでメモ。 ID_labelxとID_labelyが同じ行をまとめる内部結合です。 やりたいこと X: (ID_labelx, xa, xb) = (tanaka, data_xa, data_xb) Y: (ID_labely, ya, yb) = (tanaka, data_ya, data_yb) のデータが join: (ID_la…

pythonのpandas.DataFrameで特定文字列だけ含む行を選択

大量データのカラム名の仕分けとかでよく使うのでメモ。 # データをロード clm = pd.DataFrame(data) # カラム名を付け替える clm.columns = ['id', ...] # idカラムの中から "tanaka" が含まれる行だけを選択 clm[clm['id'].str.contains("tanaka", na=Fals…

Ubuntu 14.04, Mac OS X に MeCab をインストール

Mac OS X Ubuntu 14.04 すでに以下のような記事があるのですが qiita.com 以下でいけました。 Mac OS X $ brew install mecab $ brew install mecab-ipadic $ pip install mecab-python $ pip install mecab-python3 (python3なら) Ubuntu 14.04 $ sudo apt-…

kerasでtensorflowとtheanoを切り替える

vim ~/.keras/keras.jsonを編集して {"epsilon": 1e-07, "floatx": "float32", "backend": "theano"} のtheanoをtensorflowに書き換える。 ソース:バックエンド - Keras Documentation

AWSの利用料金の概算をする・各インスタンスの料金を確認する

以下のサイトで概算、 ネジみたいなマークを押せば一時間ごとのおよその料金など確認できる。 画像は 2016/10/20 時点での Linux のインスタンスの料金設定。 calculator.s3.amazonaws.com